【Juice=Juice】高木紗友希が活動終了を発表。何故文春砲から発表までの決断が早かったのか【ジュースジュース】

Juice=Juice
スポンサーリンク

こんばんは、望月晃太郎です。

昨日文春オンラインで公開された、Juice=Juiceの高木紗友希の半同棲報道から、わずか1日で活動終了が発表されました。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

今回の活動終了の報を受けて、中には「急すぎない?」と思われた方もいると思います。

そこで何故一日で発表することになったのか、考察していきたいと思います。

そして、今後Juice=Juiceはどうなるのか、私個人なりの感想もお話していきたいと思います。

昨日書いた記事はこちら↓

最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

事務所は報道前から知っていた

基本的に週刊誌に記事が載る前には、事務所にまず一報がいくようになっています。

今回の半同棲報道が公開される前にも、実は事務所には文春から連絡がいっています。

それはこの半同棲報道の事実かどうかの確認も兼ねていました。

しかし、事務所はその連絡に回答することなく文春は公開するにいたりました。

ということは、事務所は何日も前からこのことを知っていたことになります。

その間に本人への事実確認を行い、今回の発表に至ったと思われます。

つまり、昨日行われたハロコンの時には、高木紗友希本人も今回の報道が出ることを知っていた中で、歌唱していたのです。

すごいプロ根性だと思います。リアル武道館です。

最後のJuice=Juiceとしての歌唱を終えた時、彼女は何を思ったのでしょうか。

メンバーも何を想い、彼女の最後の勇姿を見ていたのでしょうか。

その裏側を少し見たいなと不謹慎ながら思ってしまいました。

事務所は今回の発表の中で、しばらく時間をくださいと書いていたのは本音でしょう。

公演の調整やイベントの返金手続きなど時間を要するものがたくさんあります。

※記事を書いている途中に発売の延期、イベントの延期が発表されました。

ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

それにメンバーへ報告はしていると思いますが、メンタル面のケアする時間も必要です。

特に若い松永里愛と工藤由愛には、とても辛いことに違いありません。

なので、今後イベント関連の延期は確実でしょう。

この事が今後どこまで影響を及ぼすか心配です。

覚悟していた可能性

今回の高木紗友希の文章を読むと、何度も申し訳ないという言葉を使っています。

その申し訳ないは、アイドルよりもひとりの人間として生きていきたいと思った自分への謝罪ではないでしょうか。

つまり、彼女には辞める覚悟があったと思われます。

もしバレてしまったら潔く身を引こうと考えていたのです。

そうでないと、この言葉は何度も出てこないでしょう。

何を彼女にそこまでさせたのか、愛の力って本当に強いですね。

Juice=Juiceは進化する

ここからは少しポジティブな方に見ていきたいと思います。

高木紗友希の活動終了がすべてマイナスになるとは限りません。

まず、今後歌割の変更やダンスの変更が行われます。

高木紗友希は、ハロプロ1と言っても過言ではない歌唱力の持ち主でした。

その後を継ぐメンバーが必ず出てきます。

そこに、今いる若手のメンバー、今後加入するメンバーが担っていくことになります。

つまり、Juice=Juiceに大きな変化がもたらされるのです。

モーニング娘。にも似たような事例がありました。

藤本美貴の脱退です。

彼女はリーダーに就任してわずか25日で脱退することになりました。

その後リーダーを任されたのが高橋愛であり、そこからを後にファンから「プラチナ期」と呼ばれ、当時は目立ちませんでしたが、現在では圧倒的な評価を得ています。

ここからJuice=Juiceは「プラチナ期」のような時代を迎えるかもしれません。

そう考えると少しはポジティブになれたら嬉しいです。

今は立ち直れなかったり、虚無感に襲われている方も居ると思います。

特に高木紗友希のファンであった人には何一つ響かないでしょう。

少しずつ時間が解決してくれることを願っています。

恋愛はしてもいいがバレる覚悟を持て

こういう報道が起きると、必ず他のメンバーもいるんだろうと憶測が飛び交います。

そこを否定することは本人以外出来ません。

今、ハロプロに女性ファンが増えてきた結果、恋人がいても良い層も出てきています。

その考え方は人それぞれですが、個人的にはアイドルに恋人がいても良いと思っています。

しかし、バレたならば誹謗中傷される覚悟をもっていないといけません。

過去の事例を見ても、彼氏がバレてしまったら脱退は不可避なのは明白です。

個人的にはアイドルに恋人は居ていいが、

そのアイドルは決してファン想いのアイドルではないと思います。

ファンのことを考えているアイドルが恋人を作るわけありませんから。

騙しているのと一緒ですからね。

バレることで多くの人を傷つけ、対立を生みます。

なので、アイドルは恋人を作るべきではないとの意見も当然です。

どちらが正しいとかはなく、それ相応の覚悟を持って活動して欲しいと思います。

まとめ

最後は少し手厳しい表現になってしまいましたが、本音なのでそのまま書きました。

しかし、実は今回の事例を受けて少し考えが変わりつつあります。

上記ではアイドルに恋人は居ても良いと書きましたが、恋人がいるアイドルに対して懐疑的に思っている自分もいます。

恋人がバレることで多くのファンを傷つけます。

それでも活動していることが許せなくなっているのも事実です。

今はまだ容認派ですが、時間が経てば変わりそうです。

もう二度とこういったスキャンダルは見たく有りませんが、そういうわけにはいかないのが人間の性なんでしょうね。

今後また何か書きたいことがあれば、記事にして綴りたいと思います。

あなたにとってハロプロが、最高のライフワークになりますように。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました