【Juice=Juice】優里と高木紗友希の文春砲についての今後の事務所の対応を考察してみる【ジュースジュース】

Juice=Juice
スポンサーリンク

こんにちは、望月晃太郎です。

さて、2月11日の夕方にJuice=Juiceに文春砲が発射されました。

路上動画でバズった人気歌手・優里(26)が「Juice=Juice」メンバーと“半同棲”熱愛《スクープ撮》 | 文春オンライン
10代を中心に爆発的な人気の広がりを見せているソロアーティスト・優里(26)が、アイドルグループ「Juice=Juice」のメンバーと交際中で、“半同棲”状態にあることが、「文春オンライン」の取材でわ…

相手は今話題の男性歌手の優里さん。

「ドライフラワー」が大ヒットしている中、彼を追いかけていたところ、高木紗友希も撮られてしまった可能性が高そうですね。

以前から、高木紗友希には彼氏がいるのではないかとの噂があり、それを匂わせる画像もインスタに投稿されていました。

今後、事務所が彼女にどんな判断を下すのかを、少し考察していきたいと思います。

最後までよろしくお願いします。

スポンサーリンク

高木紗友希は匂わせをしていたのか?

まず匂わせなのでは?と噂をされていた画像や動画を見ていきたいと思います。

こちらのバッティングセンターでの動画は、女性だけで行くようなところではないと話題になっていました。紗友希ちゃんは特別野球好きでもないので、疑いの目がかけられたのでしょう。

あと、こちらの助手席に座る写真ですね。

これも隣は彼氏では?と言われていましたが、今見ればそうとしか思えないですよね。

オタクの嗅覚ってすごい笑

事務所は脱退を促す?

さて、今後の事務所の対応ですが、

過去、彼氏が発覚した後の対応を見ると、脱退、もしくは卒業の対応が多いですね。

有名なのは藤本美貴さんでしょうか。

品川庄司の庄司智春さんと岩盤浴デートの写真が撮られ、その後モーニング娘。を脱退しました。

最近ではこぶしファクトリーのメンバーも、恋人と思われし男性との写真が流出して、卒業しました。

しかし今回も、同様の処置がとられるのかは微妙なところなのが本音です。

理由は、彼女が今、事務所の推しメンバーであること。

小田さくらとMISIAさんの「逢いたくていま」をカバーしたり、歌番組でもふたりで出演したりと、かなり事務所は売っていきたいメンバーであるのは間違いありません。

それに、仮に恋人が居ることが発覚して脱退した、もしくは、させられたとなると、昨今の情勢を鑑みるとファン以外からも批判が起こりかねません。

名もないアイドルの場合は、そこまで問題は大きくならないと思われますが、相手が今年の紅白歌合戦に出場する可能性が高い話題の相手なので、大事になってもおかしくない相手なのです。

ここまでハッキリと写真を撮られてしまうと、友達でしたとは言い訳出来ないでしょう。

他のファンからは他のメンバーに示しがつかない、恋人がいても許されるのかと反発が起こることも予想されます。

そして現在、Juice=Juiceはオーディションの真っ最中です。

ここの対応を見誤ると、オーディションにも影響を及ぼしかねません。

少し前にオーディションの合格者の予想をしましたが、まさかこんなスキャンダルが起きるとは予想外でした笑

スキャンダルで脱退って書き直そうかしら笑

冗談は置いておいて、事務所は脱退を促す可能性が高いと思われます。

彼女の歌は素晴らしいので、グループを抜けたとしても歌手としてやっていける実力の持ち主です。

事務所は今後、アイドルとしてでなく、歌手・高木紗友希として売り出す可能性は大いにあります。

言葉は悪いですが、それを取引材料とすると、どこにも影響は無いかもしれません。

ただ、公には事務所からではなく、個人の判断・けじめと発表するでしょう。

そうすることで、他のメンバーの抑止力となります。

仮に今後同様のスキャンダルが発覚したら、同じ決断をしなければいけないとメンバーも思うに違いありません。

事務所としては、契約時に恋愛事情の話はしていると思うので、何かしらの処罰は下されることでしょう。

今後の事務所の対応を注視していきたいと思います。

※2月12日に活動終了が発表されました。それについての記事はこちらから。

まとめ

アイドルには彼氏がいるものだと思ってはいましたが、

まさか、その相手が今が旬の歌手だとは思いもしませんでした。

事務所の気苦労を鑑みると、同情を禁じえないです。

個人的には、ファンに謝罪は必要だと思いますが、脱退する必要は無いし、そのまま活動すればいいと思っています。

それを許さない人も居るのは理解できますが。

アイドルと恋愛はいつまでたっても間違いのない答えは出ませんね。

それでは、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました